HOME月刊アースキャラバン 一覧 > バングラこぼれ話2

月刊アースキャラバン 詳細

バングラこぼれ話2

2017/12/01(金)
チャトランガ大会でゲームが終わってヒマを持て余している子どもたちに
 
「えー、マジック〜、マジック〜、マジックだよ〜」
 
と焼き芋屋のように呼びかけてると子どもたちがあちこちからワラワラ集まってきた。
ぼくは羽田空港で買った手品のタネを使って、五枚のコインを出したり、消したり、瞬間移動させたりした。子どもたちは目を丸くして声も出ない。一瞬シーンと静まってからワーワー騒ぎ出して、「もう一回、もう一回」とキリがない。2,000円ケチって買うのやめようかと思ったけど、買っておいて良かったと心底思った。
 
「ディス イズ ジャパニーズ トラディショナル マジック!」
 
とデタラメな宣言をすると、ぼくを見ながら一人の男の子がモジモジしつつ小声で何か言ってる。
 
「え?」
 
と何度か聞き返したけど、よく聞き取れないので口元に耳を近づけると、
 
「ジャパニーズ マジック イズ ビューティフル」
 
と言ってるのだった。
次に海外に行くことがあったら、また別の手品でトラディショナルマジックをやろうと固く決意しました。
 
数日後、バザールでヒマそうにしてるベンガル人の商店主たちに手品を見せたら、
 
「おれにもやらせろ!」
 
とすぐ手品のタネを手にとってためつすがめつし、なかなか返してくれない。
そう言えば子どもたちは一人も手に触れようともしないでただただ目をキラキラさせてたなぁ。
 
ああ、子どもたちの素直さよ。

ページ
TOP