HOME > 中東平和活動

中東平和活動

ピックアップ

水の危機、死にかけているガザ。脱塩浄水器の設置を 2017年9月

ガザ在住のアハメッド医師から、皆さんに向けて手紙が届きました。
50年に及ぶイスラエルによるパレスチナの占領、、、。このため、ガザ地区がたった一杯の安全な飲み水の枯渇から逃れられたのは、ほんの数ヶ月に過ぎませんでした…
つづきはこちらから>>

アースキャラバン中東参加者の声 2017年8月

パレスチナ活動レポート 2009年8月

催涙弾を受けて知るパレスチナの涙
遠藤喨及

気がついたら、イスラエル兵の催涙弾の下を逃げ回っている僕がいた。
気がついたら、路上でボランティア指圧をしている僕がいた。
彼らは、イスラエル警察に自宅を追い出されたパレスチナ人家族だった。
どちらの時にも涙が流れていた。
それは、パレスチナ人たちが流している涙だった。悲しみ、悔しさ、怒り…。
続きはこちら(「浄土宗平和協会の機関紙『ダーナ』に掲載)

アースキャラバン実行委員EIKOの中東訪問記

2017年3月、アースキャラバン中東の準備のためイスラエル、パレスチナを訪問した、アースキャラバン実行委員EIKOが綴る中東訪問記。
詳細はこちら

おすすめリンク

真実の時 KAIROS PALESTINE 2009

苦難のうちにあるパレスチナの人々の
心からの信仰、希望、および愛の言葉

http://www.kairospalestine.ps/sites/default/files/Japanese.pdf

この文書は、エルサレムに本拠を置く、地元のキリスト教会のすべての指導者が署名して、2009年 12 月に発表されたものです。
60年以上に及ぶ、パレスチナの人々の苦難の中からの叫びを、どうか世界の人々よ、聞いて欲しいという切実な声。 その苦難の元凶は、イスラエル国家によるパレスチナの占領であると、あの地のすべてのキリスト教指導者が一致して、明確に指摘しています。
そして、パレスチナの人々が為さなければならないことは、この占領に抵抗することである、とこれまた明快に述べています。 ただし、私たちキリストに従うものは、暴力によって悪に立ち向かうのではなく、愛によって抵抗するのだと呼びかけ、そして世界中がそれに呼応して欲しいと訴えています。 パレスチナの現状を正確に知ることが出来る、貴重かつ重要な文書。
詳細はこちら

Tent Of Nations

世界から注目されるパレスチナ農場
世界中からボランティアがやってくる

http://www.tentofnations.org/

テントオブネイションズのモットーは、
破壊に対しては何度でも再建する。
敵になることを拒否し、
人と人の間に橋をかける。
決して争わない。

2015年8月アースキャラバン中東に参加し、Tent of Nationsを訪問した アースキャラバン実行委員の 体験談はこちら


ページ
TOP